昨年一番検索されたF1用語は?

Pocket

あけましておめでとうございます。本年もportF1を宜しくお願い致します。

2017年型ニューマシンの発表予定もどんどん公になり新シーズンの期待が膨らんできましたね(で、ロズベルグの後任発表はまだなの?)

今日はportF1.comにある用語集について書かせてください。現在見出し語が200個あるかないか…くらいの規模ですが、まだまだ拡張させようと思っています。

Google Webマスターツールという管理ツールとサイトを連携させることで、実際に自分のサイトに来訪しなかったとしても、検索結果に自分のサイトがリストアップされた回数を知ることができます。

さて、この約200の用語の中で一番検索された言葉はなんだと思いますか?結果は以下の通り。

実はこの結果は過去3ヶ月分しか保存されないので、上記リストも2016年10月〜現在までのデータに基づいています。

この通り、1位は「アンダーカット」でした。

そこそこ歴の長いF1ファンにとっては少々意外かもしれません。と言いつつも、比較的新しい用語なので、30年前から観戦してるけど、昔ほど今は真剣見てなかったファンにとっても少し馴染みの薄い言葉かもしれません。

アンダーカットっという言葉は、現在のF1ではレースで順位を上げるためのかなり一般的な作戦なので、これだけ検索したくなるというのは、少し意外かもしれないですね。野球で言うと「バント」や「ヒットエンドラン」くらいの頻度で出てくる言葉だと思います。

それでも検索したくなる背景には、やはり今のTV、雑誌などで説明が足りていないのかなと思います。

用語集を始めた時には、こういうデータが取れると思ってなかったのですが、こうしてF1ファンの実情が垣間見えたことは用語集を始めた副産物でした。

しかしながら先ほども言った通り数えだしたらキリがないレース専門用語の中でportF1が扱えているのはたった200弱。これからも少しずつ増やして行きたいと思っております。

もし知りたい言葉や調べてもちゃんとした結果にたどり着けない用語などあれば、こちらのフォームから教えてください。ツイッターのメンションでも、ブログへのコメントでも構いません。

※注意:検索した時に、我々が用意した言葉の全てが検索結果に表示されているわけではなさそうなので、他にもっと検索されている言葉が存在する可能性はあります。例えば「アロンソ」という言葉は用語集にありますが、Googleで検索してもportF1 は上がってきません…(泣)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です