僕が鈴鹿で見た景色。

鈴鹿のF1日本GP・土曜日の夕暮れ

唐突ですが、実はここ数ヶ月「port Fは何をすべきなのか=Goal」を考えていたのです。

何度も思いを巡らせて、最終的に辿り着いた答えは2つしかありませんでした。

1. 日本でモータースポーツを“見る人”を増やす
2. 日本でモータースポーツを“やる人”を増やす

まず、「なぜ=Why」、そう思ったのか。
これには理由がない。

あえて言うなら、ものすごい頭脳を持った人々が、一国を動かせるほどのお金を持った大企業が、想像もしないような技術やアイデアをひねり出し、超一流アスリートが心技体を鍛える努力を惜しまず、サーキットでは、まるでジェットコースターに乗りながら囲碁をさすような戦いを繰り広げる。

「こんなにおもしろいものを人が知らないのはもったいない、やらなくなるのはもったいない」と言ったところでしょうか。

そして「どうやって=How」。我々はどのように前述の「Goal」に到達したらいいのか。
これは、かなりとても長いストーリーになりますし、秘密の部分も多いし、何より恥ずかしながら未完成な部分も多いです。

その未完成の「How」を作り込むヒントにしたいと思い、今年の鈴鹿F1GPはレースそのものは去ることながら、鈴鹿を訪れる人々の観戦スタイルが見たくて、他のお客さんを注意深く観察していました。

自分が最後に鈴鹿にF1に来たのは6年前の2012年。
port Fのアカウントはすでに持ってましたが、ほぼ「一個人」として、ユルユルとつぶやいてた程度でした。

今回のような視点は一切持っていませんでしたから、他のお客さんからメディアとして学んだことはゼロです。

そして、6年の月日の間、ありがたいことにフォロワー数は増え、port Fはほんの少し認知されるようになり、自分自身もSNS上でモータースポーツファンがどんなことをやりとりしているのか、情報発信の傍ら日常的にモニターするようになりました。

「人はこんなニュースにRTするのか」
「みんなこのドライバーのことが好き/嫌いなんだな」
「こういう知識はみんなの頭の中に入ってるのね」

自分の中でデータが蓄積されました。
総じていうと「モータースポーツって趣味嗜好がそこそこ偏ってる人が見るもの」と。

今年のF1鈴鹿に訪れて、これが大きな間違いいや、僕が「井の中の蛙」であることが、分かりました。

以下、2018年の日本GPで見た、そして自分の想像とかけ離れていた実在のお客さんについて、描写します。

パパとママ、小さな男の子、さらに小さな男の子の4人家族
この男の子2人は、ずっとグズりながらも、プラクティス、予選、決勝、どんなセッションでもいいから、とにかくベッテルがドライブするフェラーリが走るところを見ていたいらしい。

近くに座ったかなり年配のおじいちゃん
予選には現れず、レースも20周すぎに現れて、ドスッと座る。そしてただ静かにレースを眺める

自分の隣に座った学生らしき男2人と女1人
この女性どうやら毎年鈴鹿に来ているらしい。アロンソが引退することは知っているが、来年ライコネンがザウバーに行くことを知らないようだ。男2人は初めてF1に来たらしい。女の子に「毎年来る理由わかったでしょ?」と言われている。

自分の前に座った少年とその父親
お弁当を食べながらレースを見る(そのお弁当はサーキットで買ったものではなくコンビニで買ったものだった)
レース中の順位の確認は、Yahoo! Japanのスポナビを見る。

自分の周りでF1公式ライブタイミングを見ている人が1人もいない
(普段、自宅の観戦のときは見ているのかもしれないが)

このようなお客さんが間違っているというような意味ではありません。単純に、こういうお客さん像を僕が全く想像できていなかった、ということを言いたいだけです。

ミヤケが見ていた場所はヘアピン席です。つまり三日間で30000円以上する席です。

マニアでもない、うんちくをひたすら話しているでもない、毎日F1のニュースを追ってるわけでもない、そんな人が鈴鹿F130000円消費してくれるんだと思うと、嬉しくて、でも、そんな人の存在を考えたこともなかった自分が悔しくて、涙が出そうになりました。

自分がこれまで見てきたファン像が間違っていたわけではありません。
なぜなら、その方々も実在しているわけですし、その方々も正真正銘のF1ファンです。

F1を取り巻く外野情報ってF1レースの一部だよね、と思っていましたし、間違いではないと思いますが、F1を見る人を増やすということは、そういうことだけではないんだなと深く思いました。

F1を楽しむ人の中には、感性で、五感で、F1を“感じている”人がいる。そんな人がものすごくたくさんいる」と。

そういう人たちに届くものとはなんだろう?そこが最初に挙げた「How」の一部になるような気がしています。

もし今後、自分がパドックやメディアセンターに気軽に往来できる未来がやって来たとしても、観客席からお客さんの目線で楽しむことを絶対に忘れてはいけないとも思いました。

「“深く隠されたところにあるF1の本質は放っておいて、表面的なことしか描写しないぞ!」という宣言ではありません。

ただ、この鈴鹿のあとでport Fが「ファン」と呼ぶべき対象がすごく広がった、そういうことを言いたいのです。

このブログを書いていたら、また鈴鹿の風景が蘇ってきました。
書こうかどうか少し迷ったブログエントリーでしたが、書いてみてよかった。

これからもport Fの発する情報に、耳と目と、ときどき足をお借りできればと思っています。

とりとめないの締めになってしまいました。
それでは、また。

【ほぼほぼ推測?】それでもドライバー・オブ・ザ・デイに投票したほうがいい理由

Photo by Mark Thompson/Getty Images) // Getty Images / Red Bull Content Pool

こんにちは、先日のF1日本GPで鈴鹿に行ってきた余韻がまだ残っているミヤケです。

レースでのハミルトンの無敵ぶりもさることながら、レースを楽しむ皆さんのそれぞれのスタイル、情熱、興奮ぶりがとても印象的でした。

僕は6年ぶりにF1を鈴鹿で見たのですが、本当にいろいろ発見がありました。
その発見が何だったのかについては、また機会を改めてブログに綴るかもしれません。少なくともport Fの運営に活きることは間違いない、そう感じました。

さて、前置きが少々長くなりましたが、今日は「ドライバー・オブ・ザ・デイ」について書きたいと思っています。

“【ほぼほぼ推測?】それでもドライバー・オブ・ザ・デイに投票したほうがいい理由” の続きを読む

開催後記「Live Talk! port F Vol.1」

毎度こんにちは、ミヤケです。
今回は少し堅くなってしまいますが、お許しくださいっ。

ちょうど一週間前の今頃は、port F主催の初イベント「Live Talk! port F Vol.1」が終わった直後の時間でした。

まずは、お越しいただいた皆さま、暑い中をわざわざ足を運んで頂いたことにお礼を述べさせてください。ありがとうございました。
楽しそうなみなさんの顔を見ながら話すのが本当にこの上ない幸せでした。

そして、登壇頂いた神野さん、笠原さん。拙い準備にもかかわらず、ステージ上で楽しいイベントに仕上げて頂きありがとうございました。

また、ヘルプいただいたメンバーの方、みなさまのおかげでイベントが自分の望んでいた形に実現できたと思います。ありがとうございます。

“開催後記「Live Talk! port F Vol.1」” の続きを読む

トークイベントに向けて

こんばんは、port Fのミヤケです。
ブログではご無沙汰しております。
(いつも140字の世界で生きているので、ブログという広い平原を与えられると何書いていいのか、わからない状態に陥ります)

最近のport FのTwitterで宣伝しまくっていますが、ついにリアルイベントを開催することになりました。

そう、port Fをフォローしている人ならみんな知ってる、現役日本人F1エンジニアの神野(こうの)研一さんと、元気いっぱいモータースポーツ大好き女子代表の笠原美香さんのお二人でライブトークイベントを開きます。
すでに沢山、チケットを購入頂き、本当にうれしいです。

このイベントはport Fにとって本当にエポックメイキングな出来事です。

“トークイベントに向けて” の続きを読む

port Fの2018年シーズン体制発表?

みなさま、こんにちは。
portF1、あらため「port F」のミヤケ(←フォロー歓迎)です。

前回のエントリから随分時間が空いてしまいました。
いつもTwitterばかりやっているせいか、未だにこの無制限に文字が書ける感じが慣れません。

季節はもう、開幕前テスト。
ハースが突然先陣を切って新車を発表させたのには驚きましたが、その他のチームの新車も何かサプライズをもたらしてくれるかも?と期待が高まります。

我々も、今シーズンにはいる前に(昨シーズン中からすでに..ですが)、メンバーが充実してきたのと、他にも変わったことがありますので、ご報告いたします。

“port Fの2018年シーズン体制発表?” の続きを読む

新しいメンバーに参加頂きました

こんばんは、ミヤケです。
Twitterではお知らせいたしましたが、先日DNFさんという新しいメンバーに加わっていただきました。

DNFさんのことは数ヶ月前からフォローしていて、面白いエントリーを書いておられるなぁと思っていたのですが、先日のインディ500で佐藤琢磨が優勝した際にアップされた記事が非常に「刺さる」文章だったため「これはportF1で書いてほしい!」と思い、声をかけさせていただいた次第です。
“新しいメンバーに参加頂きました” の続きを読む

ユーロF3を戦う、佐藤万璃音のキャラクター

こんにちは、コージです。

僕はツイ廃だったこともあり(今は違います(汗))、フォロワーさんの影響かマイナーカテゴリーにも興味を持つようになりました。World Series by Renault 全盛期(?)とか、佐藤公哉選手のAutoGP時代など…なのでそんなに古い時代から知っているわけではありませんが、マイナーフォーミュラを走る日本人をよくフォローしています。

今回シルバーストーンにWECを取材した時に、併催されたFIA F3 ユーロチャンピオンシップを走る佐藤万璃音(まりの)くんといろいろお話したのでそれを軽く記事にさせていただきます。万璃音くんはイタリアF4時代からこっそり応援してたりします。初めての原稿なので至らないところも多々あると思いますが、みなさんが少しでも彼に興味を持ってもらえたらと思ってます。 “ユーロF3を戦う、佐藤万璃音のキャラクター” の続きを読む

自己紹介: コージ

はじめまして、portF1のお手伝いをさせていただいてるコージです。
イギリスのCoventry大学でMotorsport Engineeringを専攻しています。
車やモータースポーツに興味を持ち始めたのは高校二年生の春と結構遅かったりします。
一度日本の大学に通っていましたがいろいろあって辞め、今の大学に進学しました。その辺のことも後々お話出来たらと思います。個人のブログも実はやってたりするんですけど、長いこと更新してないのでまた機会がありましたらportF1でも紹介させてもらうかもしれません。

F1をちゃんと見始めたのは08年からで、今でもF1マシンといえばあの空力パーツだらけのマシンを連想します。今年のマシンはそれに近いものがありますよね。シャークフィンにTウィング、F1らしいデバイス達じゃないですか!(賛否ありますが)

今年の新レギュレーションについては、色々と波紋を呼びましたが個人的には悪くないかなと思ってます。というか、 “自己紹介: コージ” の続きを読む

昨年一番検索されたF1用語は?

あけましておめでとうございます。本年もportF1を宜しくお願い致します。

2017年型ニューマシンの発表予定もどんどん公になり新シーズンの期待が膨らんできましたね(で、ロズベルグの後任発表はまだなの?)

今日はportF1.comにある用語集について書かせてください。現在見出し語が200個あるかないか…くらいの規模ですが、まだまだ拡張させようと思っています。

Google Webマスターツールという管理ツールとサイトを連携させることで、実際に自分のサイトに来訪しなかったとしても、検索結果に自分のサイトがリストアップされた回数を知ることができます。

さて、この約200の用語の中で一番検索された言葉はなんだと思いますか?結果は以下の通り。

“昨年一番検索されたF1用語は?” の続きを読む

F1関連誌をお得に読むオフシーズン

2016年シーズンが終わって2週間が経ちましたね。皆さんロズベルグの後任の噂に関するニュースに飽き飽きドキドキしているのではないでしょうか?

こんにちは、port F1 port Fのミヤケです。今日は前回までの思想めいたエントリーから少し趣向を変えて、ユルめのお話を(なんとなく胡散臭いタイトルになってしまいましたが)。

みなさん、Kindle Unlimitedというサービスはご存知でしょうか?

Amazonが提供する電子書籍プラットフォームKindle(キンドル)の定額読み放題サービスです。月額980円で雑誌や書籍が読み放題というサービスです。少し前にAmazon社による突然の公開取り下げという少しネガティブなニュースでも話題になりました。

実はそのサービスの中には、オートスポーツやF1速報などおなじみの三栄書房の雑誌がバックナンバー含め揃っているのです。

“F1関連誌をお得に読むオフシーズン” の続きを読む