ホンダよ、永遠なれ。 〜課外活動的F1の終焉〜(後編)

Getty Images / Red Bull Content Pool

前編ではライバルであるメルセデスと比較しながら、ホンダのF1活動における体制およびビジネスモデルの特徴を説明した。

[前編はこちら]

後編は第4期でホンダが作り上げた資産の活用、またホンダの第5期F1活動の可能性について考えてみたい。

その前に… 振り返るには時期尚早とも言えるが、第4期活動におけるホンダ製パワーユニットが歩んだ道からおさらいしてみよう。

“ホンダよ、永遠なれ。 〜課外活動的F1の終焉〜(後編)” の続きを読む

ホンダよ、永遠なれ。 〜課外活動的F1の終焉〜(前編)

ホンダ、F1活動終了へのシナリオ

Getty Images / Red Bull Content Pool

青天の霹靂とはまさにこのようなことを言うのであろう。2020年10月2日、ホンダがF1活動 の『終了』を発表した。世界中のF1ファンがこの発表に度肝を抜かれたことは言うまでもなく、 その中でも日本のホンダF1ファンは絶望的なショックを受けたようだった。ファンの心に沸々と湧き上がる、こらえようのない怒りと悲しみのメッセージは(もちろん擁護や理解の声も)瞬く間にSNS上に溢れ、その連鎖は今も収まる気配が見えない。

ホンダが公式に発表したところによると、撤退の理由は「カーボン・ニュートラル等の環境対策に、資金や人材などの社内リソースを振り向けるため」とのことだ。

2015年から始まった第4期ホンダF1活動。ホンダは『F1はずっと続ける』という言葉と共にF1への参戦を再開したのだからファンの怒りは無理もない。いくつかのメディアに至っては、過去にホンダが宣言した言葉と八郷社長の記者会見時のコメントに矛盾を見出し、痛烈な批判を浴びせている。しかし、こんな時だからこそ私たちは落ち着いて事態を客観視した方が良い。なぜなら感情論は時に本質を見誤るからだ。

なぜホンダが F1活動終了という決断に至ったのか?

今回は、その真相をF1の世界における「ビジネスモデル」を軸に置きながら掘り下げることにする。

“ホンダよ、永遠なれ。 〜課外活動的F1の終焉〜(前編)” の続きを読む