突然ですが、研究チームを作ろうと思います

Pocket

David Clerihew/Red Bull Content Pool

2018年12月15日追記

少しずつ活動をしている「port F Lab.」ですが、コントロールが難しくなるかもしれないという理由でメンバーの数を制限していましたが、そのような懸念は今の所見えませんので、もう少し増やしてみようと思います。

以下の記事をよく読んで、希望の方はご応募ください。


こんばんは、ミヤケです。
今日は前置きなしで、不躾にも用件だけ書かせていただきます。

突然ですが、port Fの研究チームを作ろうと思います。
仮称は「port F Lab(ラボ)」です。

何をするのか?

「モータースポーツを見る人を増やす、やる人を増やす」ためにできることを考え、実行に移します。

具体的には、
・port Fにはどんな行動(コンテンツ?メッセージ?)が必要なのか?
・それは誰ができる?
・どうやったらできる?
…を、みんなで考えて、少しずつでも実行するということになります。

究極的には、誰かを傷つけたり、法を破らなければ、なんでもアリだと思っています。
「トークイベントにセバスチャン・ベッテル呼ぼうよ」でもいいし、「マクラーレンをスポンサードしないか?」でも、いいと思います。

1. ラボのメンバーにとって楽しくて(←これが一番大事)
2. 他のファンのみなさんにとって有意義で、
3. モータースポーツへの理解を深めたり、興味を引きつけるなにか

を一緒に作っていきたいです。

誰がやるの?

みなさんから公募させていただきます。
これまでも募集はやっていましたが、改めて募集させてください。
これまで応募してくれた方でも、もちろん歓迎です。

今回は審査しませんですが、まずは先着20名とさせてください。

人数に制限を設けるのは、突然増やすと制御不能なコミュニティになる可能性があるからです。徐々に増やしていければと思っています。

そして、以下が条件です。
・port Fの目標「モータースポーツを見る人、やる人を増やす」に共感できる
・Facebookアカウントを持っていて、Facebookの通常の使い方を知っている
→ 話し合いの場を非公開のFacebookグループで行う予定です
・日本語が話せる

「私なんか…」と思っている方でも、大丈夫ですし、友達を巻き込んでもいいかもです。

できれば、おぼろげにでも「こんなことをやりたい」といった何かがあるが嬉しいのですが、ちょっと話を聞いてみたい、port Fのやり方に口出ししたい、といった感じでも全然OKです。

なぜこのような形で?

徐々にport Fの名前も認知されて、成長しているのはちゃんと感じますが、どうしても手と頭脳の数が足りず、スピードが上がりません。来年になっても同じことの繰り返ししかできないんだろうか、という若干の危機感があります。

もちろん、募集でいろんな考えをもった人が入ってくることは、それなりに大変だと覚悟していますが、それ以上にいろんな化学反応が起きるのではないかなと思っています。

応募はこちら

F1カーを0.01秒速く仕上げていくように、日本におけるモータースポーツの認知を0.1mmでも上げませんか?

よろしくお願いいたします。

19 Replies to “突然ですが、研究チームを作ろうと思います”

  1. 元々、モータースポーツが好きで機械系大学に入ったのですが、諸事情で中退することになりました。
    そこで、新たな挑戦という意味で応募させて頂きました。

  2. 参加したいです。

    現在海外に住んでいますが、日本人の大学生です。マーケティング、心理学の勉強をしていています。

    フェイスブックアカウントも所持しています。

  3. 意見に共感んしました。
    自分はアマチュアのドライバーで、F1にはあまり詳しくないですが、
    楽しくモータースポーツを一緒に広めいけるといいとおもいます。

  4. ブログ拝見させていただきました。興味があるのですが、まだ間に合いますでしょうか?

  5. 中学生の頃からモータースポーツが好きで、将来はと思っていたら、親の反対❗️
    息子が生まれ、モータースポーツ好きに✨将来は、F1関係に就職したいと模索中です。 私も、定年後の再就職はトランスポーターのドライバーになりたいと模索中です。

  6. 現在高校2年生ですが参加させていただけますか?
    モータースポーツが大好きでF1に限らず色々なカテゴリーを見ています。高校生ならではのアイデアなどでもお力になれればと思います!

  7. 初めまして。
    Aライを取り、20大後半〜30代半ばまで富士サーキットで走ったり、有名なチームの雑用係りをやらせて頂いたりしておりました。
    セナが亡くなった時に私のモータースポーツ期は終わりましたが、車は今でも大好きです。
    専門用語などは大分忘れておりますが、そんなオバさんでも参加可能でしょうか。
    車離れしている世代に、乗る楽しみ、観戦する楽しみ・醍醐味を発信出来たらと思います。
    Facebookも利用しております。

  8. あまり詳しくはないんですが、モータースポーツを見る人、やる人を増やしたいという想いは強いので、応募してみました。F1だけじゃなくモータースポーツ全般が好きで、ラリーやGTを見る人も増えるといいなぁと思ってます。あと、EVに乗り始めてからフォーミュラEへの興味も強まりました。カートをやったり、走行会で筑波やセントラルを走ったり(レガシィやリーフで)もしてました。再び地上波(せめてBS)でF1が全戦見られることを願っているので、そのためにモータースポーツを盛り上げるお手伝いがしたいと思ってます。

  9. 30年近くもモータースポーツを実際にやったり見たりしてきましたが、せっかく好きで自分なりに関わってきたつもりですがこれまで何も残せていなかった自分に気がつきました。何かかたちのあるものに関わらせて頂ければと思います。

  10. 大型車の整備の仕事をしています。
    会社やプライベートでF1やモータースポーツの話しをする事が無くストレスが溜まる現状(笑)を少しでも打破するために応募しました。
    自分に何が出来るかはまだ模索中ですが、よろしくお願いします!

  11. やってみたいです!
    もっとモータースポーツファンを増やしたいとずっと思ってました。
    すごい詳しいわけではないですけど協力してやってみたいです。

  12. 参加させていただきたく思います。
    メジャーカテゴリーはもちろん、ジュニアカテゴリーや認知されにくいアマチュアレースにも裾野を広げたいと思っております。
    どうぞよろしくお願いします。

  13. まだ募集はされているでしょうか。是非参加したいです。
    ミハエル・シューマッハのキャリアスタートとほぼ同時期にF1観戦をしはじめ、彼の1度目のキャリアの終了とともに徐々にF1から離れていましたが、ずっと結果はチェックしていました。
    今年からまた(リアタイは難しいですが)レースのチェックを再開しました。
    よろしくお願いいたします。

  14. 失礼します。
    元々父親のF1ビデオがきっかけで
    モータースポーツに興味が出て、
    ミニ四駆を始めてエンジニアを
    目指しました。
    今は完全な負け組底辺ですが、
    モータースポーツ好き、車好き、
    エンジニアの未来に向けての大きな
    流れを創りたいと考えています。
    最近ミニ四駆ツイートして下さる
    エンジニアさんがおらっしゃるので、
    一番短なミニ四駆(的な何か)で全ての
    魅力を伝える環境目指しています。
    是非よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です