突然ですが、研究チームを作ろうと思います

Pocket

David Clerihew/Red Bull Content Pool

こんばんは、ミヤケです。
今日は前置きなしで、不躾にも用件だけ書かせていただきます。

突然ですが、port Fの研究チームを作ろうと思います。
仮称は「port F Lab(ラボ)」です。

何をするのか?

「モータースポーツを見る人を増やす、やる人を増やす」ためにできることを考え、実行に移します。

具体的には、
・port Fにはどんな行動(コンテンツ?メッセージ?)が必要なのか?
・それは誰ができる?
・どうやったらできる?
…を、みんなで考えて、少しずつでも実行するということになります。

究極的には、誰かを傷つけたり、法を破らなければ、なんでもアリだと思っています。
「トークイベントにセバスチャン・ベッテル呼ぼうよ」でもいいし、「マクラーレンをスポンサードしないか?」でも、いいと思います。

1. ラボのメンバーにとって楽しくて(←これが一番大事)
2. 他のファンのみなさんにとって有意義で、
3. モータースポーツへの理解を深めたり、興味を引きつけるなにか

を一緒に作っていきたいです。

誰がやるの?

みなさんから公募させていただきます。
これまでも募集はやっていましたが、改めて募集させてください。
これまで応募してくれた方でも、もちろん歓迎です。

今回は審査しませんですが、まずは先着20名とさせてください。

人数に制限を設けるのは、突然増やすと制御不能なコミュニティになる可能性があるからです。徐々に増やしていければと思っています。

そして、以下が条件です。
・port Fの目標「モータースポーツを見る人、やる人を増やす」に共感できる
・Facebookアカウントを持っていて、Facebookの通常の使い方を知っている
→ 話し合いの場を非公開のFacebookグループで行う予定です
・日本語が話せる

「私なんか…」と思っている方でも、大丈夫ですし、友達を巻き込んでもいいかもです。

できれば、おぼろげにでも「こんなことをやりたい」といった何かがあるが嬉しいのですが、ちょっと話を聞いてみたい、port Fのやり方に口出ししたい、といった感じでも全然OKです。

なぜこのような形で?

徐々にport Fの名前も認知されて、成長しているのはちゃんと感じますが、どうしても手と頭脳の数が足りず、スピードが上がりません。来年になっても同じことの繰り返ししかできないんだろうか、という若干の危機感があります。

もちろん、募集でいろんな考えをもった人が入ってくることは、それなりに大変だと覚悟していますが、それ以上にいろんな化学反応が起きるのではないかなと思っています。

応募はこちら

F1カーを0.01秒速く仕上げていくように、日本におけるモータースポーツの認知を0.1mmでも上げませんか?

よろしくお願いいたします。

“突然ですが、研究チームを作ろうと思います” への4件の返信

  1. 元々、モータースポーツが好きで機械系大学に入ったのですが、諸事情で中退することになりました。
    そこで、新たな挑戦という意味で応募させて頂きました。

  2. 参加したいです。

    現在海外に住んでいますが、日本人の大学生です。マーケティング、心理学の勉強をしていています。

    フェイスブックアカウントも所持しています。

  3. 意見に共感んしました。
    自分はアマチュアのドライバーで、F1にはあまり詳しくないですが、
    楽しくモータースポーツを一緒に広めいけるといいとおもいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です